2019年10月

2019年10月31日

こんにちは。
第3けやきだより11月号ができあがりました。

けやきだより11月号


第3けやきでは、来年度から作業・プログラムが大きく変わります。
そのため、今月から徐々に新プログラムを導入していきます。

新たなスタートの第一歩として、11月12日(火)の午後に地域交流会を開催します。
オープニングアクトには『けやきのしっぽ』によるライブ演奏を行います。
当日、お時間のある方はぜひ、第3けやきにお立ち寄りください。



地域活動支援センター第3けやき
〒252-0222
相模原市由野台2-27-10(由野台生協2階)
TEL/FAX 042-750-7740




第2けやき鈴木です

第2けやきには公式Twitterがあります
日々、メンバーさんや職員が何かしらつぶやいてくれています

ご興味ある方は是非ご覧になってみて下さい

私も時々、つぶやくようにしております

↓下記のバナーをクリック♪


地域活動支援センター第2けやき
〒252-0331
相模原市南区大野台1-9-49
TEL/FAX 042-776-8822
Twitter @dai2keyaki



こんにちは、第2けやき浪川です。

10月31日(木)「就労継続支援B型事業所 和が家」
に見学&体験を利用者4名、職員1名で行ってきました。

見学だけと思っていましたが、ご好意でお茶とお茶菓子を頂いたり
自主製品作り(ストラップ)の体験もさせていただきました。

利用者の感想は
・いい場所だった。
・通いたい。
・男性の利用者がいると良かった。
・高級感があった(ソファーが良かった)
・立地がいい所にある。
・雰囲気がいい。

ストラップ作り体験に関して
・初めてだから難しかったけど、慣れたらできそう。
・難しかったけど作れて良かった。
・玉結びが難しかった、教えてもらえてよかった。
・職員さんが手伝ってくれ良かった。

 
けやきに戻ってから、感想をけやきの利用者に伝えたり、
作ったストラップを見せていました。

IMG_2668

和が家で作っている製品を購入もして来ました。

IMG_2671

着物の端切れ、帯などをリメークして素敵な商品がたくさんありました。


とても楽しい時間を過ごさせていただき、和が家の皆さんありがとうございました。




地域活動支援センター第2けやき
〒252-0331
相模原市南区大野台1-9-49
TEL/FAX 042-776-8822
Twitter @dai2keyaki




2019年10月28日

いつまで自転車で通院できるか

いつまで階段の電球をかえられるか

孤独な生活に耐えることができるか

ひとりになったときの病気の不安

 先生になにか告知されたときに受けとめられる

 強さがあるか

ひとりで背中にシップを貼れるか

声を出さな過ぎて、とっさに声が出ない

寝たきりになったらどうしよう

手術になったら怖い

地震で家がつぶれたとき、近所の人が

 助け出してくれるか

近所との関係はどうなっているか


正直、不安しかないのです。


考えてみると、障害者も、健常者も

関係なく、だれもが持つような悩みなのかもしれません。


みな誰もが歳をとります。

この当たり前なことに、鈍感になっている自分もいます。


30歳になったら「まだ若い」40歳になったら「今の40代は

まだ若い」60歳になっても「今の60代は若い」。


いくつになっても「まだ」という言葉がかけられます。


いくら若く見えても、人生の時間は限られています。


その限られた時間を有意義に過ごすための手立てを

考えなければならない年齢になってしまったんだなー

とつくづく思います。


今後①~⑩に書いたような悩みに答えを出せるような

生き方ができるのかと問われたら

「自分には無理です」と逃げたくなるかもしれません。


でもそのときに一歩一歩向かっていることは

事実です。


こわいこわい。


暗い話ですみません。


123


by コロンボ



みなさんこんにちは、けやきの会広報部会です

 

10月27日(日)に、南障害者地域活動支援センター

通称「みなみ風」が主催するFESTAみなみ風に出店してきました

 

揚げ餅とラムネの販売にいきましたが

何故か阿波踊りをしたり

IMG_4300


メンバーさんとカラオケをしたり

IMG_4296

 

と、ついつい楽しんでしまいました

 

 

今回はけやきのメンバーさんたちも店番を手伝ってくれました

また来年もよろしくお願い致します

お疲れ様でした




2019年10月25日

みなさんこんにちは、第2けやきの鈴木です。

10/25(金)はレクリエーションの日でした。

朝から強い雨が降っており、参加を断念するメンバーさんもいらっしゃる中
二名のメンバーさんが映画鑑賞を楽しみに来所されました。
私達職員もスタジオジブリの名作「もののけ姫」を一緒に鑑賞しました。

映画鑑賞が終わったころに、土砂降りの中を
もう一名のメンバーさんが加わり、回転ずしにランチへ行きました。
四人でカウンターに並んで座って、それぞれ好きなものを注文しました。

みなさん、11皿~13皿程度食べておなか一杯になったようです。
天気は悪かったけど、思い出に残るレクリエーションになりました。

私が〆にいただいた、鴨汁そばもなかなかのお味でした

515


地域活動支援センター第2けやき
〒252-0331
相模原市南区大野台1-9-49
TEL/FAX 042-776-8822
Twitter @dai2keyaki




2019年10月24日


みなさんこんにちは、第2けやき岩野です

今日は毎月恒例、第2けやきだよりブログ先行公開いたします

IMG_7391





11月も行事が盛りだくさんです
障作連バスレクに、運動会、さがみハート展見学、調理実習、、、

毎週のようになにかしらのイベントありますので、
確認したいときは遠慮なく職員にお尋ねください


寒くなってきましたが、風邪ひかぬようやっていきましょう





地域活動支援センター第2けやき
〒252-0331
相模原市南区大野台1-9-49
TEL/FAX 042-776-8822
Twitter @dai2keyaki
 

2019年10月21日

気だるい感じがします。

頭もずっとボーっとしている気がします。


精神病になって「薬」を飲むようになると

だるくなったりするということはよく聞きます。


自分を振り返ってみて、薬を飲むようになってから

なのかと考えてみると、

発症前から倦怠感があったような気もします。


なにか、自分が世の中に期待しなかったり、

夢や希望をもって、何者かになりたいというような意欲がなかったり、

そんなことが倦怠感となって体調にも現れていたのかもしれません。


一番あたまがはっきりしていたのは

発症直前の気分がハイになっていたころかもしれません。

そのころは連想が連想を生み、言葉が過剰になって

しまいました。9割妄想なので周りは困ったことだろう

と今では恥ずかしい気持ちです。


退院直後、今では考えられないほどの処方をされ

「こんなに飲みきれるかよ」というほどでした。


薬も減り、以前のように「何も考えられない状況」というのは

少しずつ時間をかけて脱してきたような気もします。


薬を止めれば、だるさやボーっと感をもたなくても済むんじゃ

ないかと断薬したくなることもありましたが

その「賭け」をする勇気はありませんでした。


というよりも、やらないでください。


どんな病気でも、症状を治すためには薬の副作用が

あることは仕方がないと、考えられているのかもしれません。

症状以上に副作用がつらいということはよく聞きます。


病気を治すことに専念したい先生に「副作用」のことを

考える余裕などないのかもしれません。

症状を抑えること優先で。


病院に「副作用科」のような専門の科があれば

救われる人もいるのではないかともおもいます。


無意味かもしれないですが。


jkjk


by コロンボ





2019年10月16日

こんにちは。第3けやきの黒川です。
今日は月1回の調理実習でした。
メニューは、ロコモコ丼です。

メニュー決めのミーティングで、モコモコ丼?それってどんなもの???
そのような話し合いで決まったロコモコ丼です。

まずは、目玉焼きを参加者8名を焼きました。

DSCN0484

1度に3人分を同時に焼きました。

続いてハンバーグ作りです。

DSCN0486

はじめて種をこねて丸めて形を作りました。

DSCN0496
     
盛り付けて出来上がり!

 ・美味しい!!
 ・おかわりをしたかった。
 ・はじめてハンバーグを作りました。
 ・けっこうボリュームがあるね・・・

皆さんから感想をいただきました。

担当者のお二人お疲れさまでした。

  

地域活動支援センター第3けやき
〒252-0222
相模原市由野台2-27-10(由野台生協2階)
TEL/FAX 042-750-7740




皆さんこんにちは、第2けやき岩野です

第2けやきも実行委員としてかかわらせていただいている 、
スクラム写真展の告知をさせていただきます!!!

IMG_7377



第2けやきの2名の実行委員からのメッセージもここに載せさせていただきます。


「危機的状況です。スクラム写真展の写真を募集しているのですが、
 現時点で30枚程度しか集まっておりません。
 《時代》というテーマに沿った写真であれば
 ①子供の頃に撮った写真
 ②現在を切り取った写真
 ③未来を感じさせるような写真
 など、なんでもOKですので、私たちの成功にご協力ください。
 〆切は10月31日(木)必着です。よろしくお願いいたします。」


「さがみスクラム写真展実行委員長の、河西清仁です
 私の写真展に対する思いは、《人間とは生活者》であります。
 そこで健常者・障がい者の言葉にとらわれることなく、1人1人が、をテーマに取り組んでいます。
 虚心になって学ぶ、、辛い事、悲しい事、きつい事、楽しい事、
 すべてを受け入れて学ぶという事です。
 実行委員のみんな、スタッフのみんな、1人1人が頑張っています。
 どうぞよろしくお願いいたします。」


2人の言葉の通り、ただいま写真の募集をしています。大募集中です。
〆切まで残り約2週間です。
この写真展の実現に向けて、実行委員がひとりひとり真剣に取り組んでいます。
皆さんからの写真が集まることで、ようやく写真展が形となります。

どうぞ皆さんお気軽に、写真を応募していただけると嬉しい限りです。
ご協力お願いいたします。

下記ホームページもご覧ください。










地域活動支援センター第2けやき
〒252-0331
相模原市南区大野台1-9-49
TEL/FAX 042-776-8822
Twitter @dai2keyaki



皆さんこんにちは、第2けやき岩野です

急に肌寒くなってきましたね
そんな今日、紺色でかっこよく決まっているメンバーさんたちの姿が、、、
なんだかチームって感じがして、素敵ですね

IMG_7376



第2けやきのメンバーさんは今日も
作業にプログラムに、ご自分のペースで活動されています



地域活動支援センター第2けやき
〒252-0331
相模原市南区大野台1-9-49
TEL/FAX 042-776-8822
Twitter @dai2keyaki




 

2019年10月15日

スマホにあこがれる

ポケモンGOができない

ネットにつながっていないので通話のみ

QRコードが読み取れない

決済ができない

使いこなせない

マナーモードにしておくと気づかない

TIK TOKができない

緊急連絡用にもつ

緊急メールの音が怖い

父が入院したときに作ったので

 鳴るたびにドキドキした

父が亡くなったあとも

 しばらくはドキドキした

着信がない

いまだにストラップを付けている

5分以上かけると有料

劣等感を持ってしまう

高い料金を払ってまで

 別にネットをしたくない

社会に取り残された気がする

原始人になった気がする

なにか信念を持ってそうだが別にない




世の中の流れというのは止められないものです。


キャッシュレス化は当然という空気がいつのまにか

できていて進められてしまう。

その時流に乗れない人にとっては

「勘弁してよ」という感じです。


何かが変わっていくと、多くの人はそれに

従わざるをえないということは、よくあることです。


その流れについていけない人もいるという

留保だけはしていてほしいです。


近いうちにスマホがなければ生活が成り立たなく

なってしまうのかもしれません(もうなってる?)。


せめて自分が死ぬまでは

「現金で支払いOK」の世の中であってほしいです。


でもスマホ決済しているひとってそんなにいるのかな・・・


jghfjgh


by コロンボ



2019年10月11日

第2けやきの鈴木です

明日、10月12日(土)に予定しておりました
けやきのしっぽLIVEは、大型台風接近の影響を受け中止となりました

90a30d11


ほかほかふれあいフェスタ2019自体も中止との決定を受けました

楽しみにしてくださった方々には誠に申し訳なく思います
是非、また次の機会も応援していただければ幸いです

どうぞよろしくお願い致します


地域活動支援センター第2けやき
〒252-0331
相模原市南区大野台1-9-49
TEL/FAX 042-776-8822
Twitter @dai2keyaki

2019年10月10日

こんにちは、第2けやきの鈴木です。

10月10日は、障作連の主催するレクリエーション
「木曜日ダョ!全員集合~ラジオの輪~」が開催されました
淵野辺公園におよそ100名が集い、ラジオ体操をしたり
記念撮影をしたり、ジュースで乾杯したりしました

とても過ごしやすい気候で、企画もゆるくて長くなく
始まる前と終わってからも私と一部のメンバーさんは
淵野辺公園の芝生広場でのんびり過ごしてしまいました。

またこういう企画があっても良いのかな?とメンバーさんたちと話しました。

伝わりますか?この良い天気。

123


地域活動支援センター第2けやき
〒252-0331
相模原市南区大野台1-9-49
TEL/FAX 042-776-8822
Twitter @dai2keyaki



2019年10月07日

みなさんこんにちは。第1けやきの小笠原です。

 

秋の風が心地よい中、本日は共同募金の街頭呼びかけを相模原市役所前で行いました。

先週、古淵駅前でもやりましたが、

今回は共同募金の分配が決まった施設・団体が集まっての呼びかけです。

 

今年度は共同募金の分配があったからこそ、ハイエースを購入する事ができましたので、

いつも以上に「共同募金にご協力おねがいしまーす!」の声にも力が入りました。

さすがに2時間立ちっぱなしで声を出すと疲れます。

IMG_1412

 

 でも足を止めて募金をして下さる方がいると、嬉しくて疲れが吹っ飛びますね。
参加したメンバーからは「少しでも社会貢献出来てうれしい♪」との感想です。

 

皆さまのご協力によって、私たちの活動が維持できているのだなぁとしみじみ感じました。




地域活動支援センター第1けやき
〒252-0331
相模原市南区大野台1-5-2
TEL/FAX 042-750-7222



「もしも、精神病でなかったら」と考えることはありませんか?


病気なんていう「個性」は自分は

いらないと感じることもあります。


健常者として普通の生活を送るほうが

よっぽど、うらやましいです。


でも、自分の人生を振り返ってみると

患っていようが、いまいが

「人生うまくいっていないだろう」ともおもいます。


かえって病気になっていなかったほうが

つらかったかもしれません。


「精神病だから人生うまくいかないんだ」

という「逃げ」がうてないからです。


実際は、精神病になっていようが、いまいが人生は順風満帆

とはいかないもんだと考えたほうが気が楽ですが。



退院してから15年以上になりますが、

その間、父が亡くなるなどもありました。


親が患う、亡くなるなど、なにか「問題」が起こることで、

ものごとを考えるようになってきたような気もします。


「当事者にならないと気づけない」ということは

多いのかもしれません。


同じ当事者としても、

障がいをもつことで何か「気づけた」ことがあるかと聞かれたら

「ろくなことがなかった」というのが正直な気持ちです。


でも時の流れは不思議なもので

「ろくでもないこと」でも過ぎてしまえば何か、「かてになった」

と記憶を読み替えてしまうこともあるということです。


それが、歳をとるということなのかもしれないともおもいます。

つらい記憶のままでは苦しいばかりです。


障がいをことさら「個性」と捉えるのではなく

健常者でも障がい者でも

この社会で自然に生きていけるような価値観が

広まっていったらいいなと願います。



最初の?の自分なりの答えは

障がいを持ってしまった以上それを前提に生きていくしかない。

ということで、「もしも」はないです。


やっぱり歳をとりました。


5555555555


by コロンボ




2019年10月02日

こんにちは。第3けやきのヤマダです。
去る9月30日、相模大野の商業シンボルであった伊勢丹相模原店が29年の歴史に幕を下ろすというので、みんなでお別れに行ってきました。

当日の朝に参加希望者を募ると、その日来所していたメンバー全員参加したい!と、職員含め11名で行ってきました。

DSC_0800

正面玄関で記念撮影をし、その後二手に分かれて、店内をゆっくり回りました。


DSC_0806

「久しぶりに伊勢丹に来た」
「昔、デパート物語(ドラマ)のロケ地だったんだよね~」
「あの頃が懐かしい」
「最上階からの景色がきれいだった」
「閉店の跡には何ができるんだろう?」

いろんな感想が聞かれました。


伊勢丹さん、29年間お疲れさまでした。




地域活動支援センター第3けやき
〒252-0222
相模原市由野台2-27-10(由野台生協2階)
TEL/FAX 042-750-7740