2020年07月09日

 

むかしからなんですが、ものごとをおおげさに

捉えすぎてしまうところがあります。

 

他人からみれば些細なことでも、人生の一大事

のようにもおもってしまいます。

 

ものごとを必要以上におおげさに捉えたり

悩んでしまうのが自分なんだと認めるところから

スタートしていけばいいのだと感じてもいるの

ですが。

 

いってみれば、そう考えざるを得ないのが

自分だということです。

 

他人はそれほど、ものごとに執着していないもの

なのかもしれません。

自分は些細なことに執着するそれだけの違いです。

 

新型コロナに対しても他人よりオーバーに怖がって

しまったりもします。

他人はそれほど気にしていなかったりして、

なんでこんなに怖がっているんだろうと

自分が情けなくもなります。

なんでこんなおもいに時間をついやしているんだろうと

むなしく感じることもあります。

 

でも、考えてみると、怖がりながら行動していくこと、

恐怖で外出できなくなることがないように生活して

いくのが自分のスタイルなのかもしれません。

 

他人がどうおもっても、自分の行動に自信をもつこと。

「そんなに怖がっててバカみたい」とおもわれたとしても

最後は自分で自分を認めてやるしかない。

 

今現在、書いておきたいのは

 

コロナが恐くて本当に外出ができなくなってしまっている

方たちにです。

 

自分みたいに毎日、恐怖を感じている人はそう多くは

ないかもしれません。

 

外出できないなんてなんていう人も、今はそれほどいないの

かもしれません。

 

もし自分と同じように感じる人がいるとしたら、

 

恐怖を感じ、注意しすぎるほどしすぎても、いいのだとおもいます。

 

一日30分でも毎日外に出ることができればそれでいい

のだとおもいます。

 

一番怖いのはまったく外に出れなくなってしまうことです。

 

自分も3月初めに外に出でれないときがあって、精神的に

疲れ果ててしまいました。

 

恐さを感じながらも生活を楽しむ。この両立があっても

いいのだよなと今は感じています。

(^_^)/

1


夜のおやつです。一枚食べます。いただきます。

 

by コロンボ