2020年03月10日


 

 

先週、一週間はけやきを休んでしまいました。

 

今週からけやきに復帰です。

 

新型コロナに対する警戒心を持ちすぎて

なんとなく休んだのです。

 

毎日、テレビを見たり、本を読んだりする中で

自分をやわらげてくれる話はないかと

拾っていました。

 

そのなかで、テレビでコメントをしていた医師が

新型コロナにかかってもインフルエンザ程度の

症状で収まってしまうひとが多い、

と言っていたのです。

 

どこまで信用してもいいのかはわかりませんが

気が楽になります。

 

未知なものにぶつかると、必要以上に敵を

大きくみてしまう。

そこから不安が生まれるのだとおもいます。

 

それは、自分だけだと思っていたのですが

お店に行ってみると

マスクがない、アルコールがない

トイレットペーパーがない

お米がない、ないない状態になっていました。

 

みんな不安なんですね。

 

コロナストレスで体に不具合がでた

おばあちゃんのはなしもありましたが

コロナにかかることを避けるために

ほかの病気を悪化させてしまうのでは

本末転倒です。

 

今一番欲しいのは

新型コロナをどこまで恐れればいいのか

実際には、かかった人はどの程度の症状で

どのくらいで治っているのか

言ってみれば安心感をあたえてくれる

情報です。

 

深刻な話はいりません。

 

精神病にかかっている人も

(自分だけかもしれませんが)

ことを重大にとらえ過ぎてしまう傾向が

あるかもしれません。

 

こうした中での、安心をあたえてくれる

情報の価値は大きいものだとおもいます。

 

最後に、自分に対して言っておきます。

「気楽にいこうよ」

ころな

by コロンボ