2020年02月25日

なにかがあったときに、その人が試される。


家族が病気になったとき、どうゆう行動を

とるか。

新型コロナウイルスが蔓延したら

パニックにならないか、かかった人を差別しないか、

買占めに走らないか。


自分は絶対まちがったことはしないとは

言い切れない問題です。


このようなときに、その人の本質が試されているのだと

おもいます。

非日常なことが起きた時に、自分が暴露されて

しまうこともあるということなのかもしれません。


誰でも「不安」を眼前にすると、日常ではとらないような

行動をとってしまう可能性もある。


それはどこでも起こることだとおもいます。


日本でコロナに感染した人が多く確認された地域に対して

そこはもうだめだと早とちりしてしまうこともあります。

ましてや外国から見れば「日本自体がもう危険だ」と

おもわれることは、悲しいですが、ありうることだともおもいます。


精神障がい者が事件を起こせば、それがごくごく一部の

ことであっても、「精神障がい者はみな怖い」とおもってしまう

人がいることと同じなんじゃないかと感じてしまいます。


これほど寂しいことはないのかもしれません。


「個人」のこころに対して、いろいろなことが試されているような

気がしてなりません。


PS 正直言って、自分自身が新型コロナウイルスの問題で、

   他人に対して疑心暗鬼になってしまっているような

   気がします

   他人とのコミュニケーションを分断するような

   今回の事態が、はやく収束することを願っています


555555555



by コロンボ